【MLB】移籍で叶ったツインズ前田健太の本懐 中継ぎ評価は「僕にとってプラスではない」

【MLB】移籍で叶ったツインズ前田健太の本懐 中継ぎ評価は「僕にとってプラスではない」
ツインズの一員としてスプリングキャンプに臨んだ前田健太(左)【写真:木崎英夫】
新天地ツインズのキャンプに合流、指揮官は前田に全幅の信頼を寄せる

 2月13日(日本時間13日)、ツインズのバッテリー組キャンプインから1日遅れて前田健太が始動した。

 ドジャース時代と変わることなく、一礼をしてフィールドに足を踏み入れ左翼方向へ歩を進めると、三塁線のフェンス際に設けられたブルペンで躍動していたジェイク・オドリッジの投球に足を止めた。体を解し、キャッチボールと遠投を終えた前田にそのオドリッジが歩み寄り、二人は通訳を介してしばし談笑。昨季自己最多の15勝を挙げた右腕とのやりとりに前田は時折、笑みを浮かべながら聞き入った。

 終始リラックスした空気の中で初日を終えた前田の姿に、就任2年目のバルデリ監督が伝えていたのは「気持ちを楽にしてやってくれ」だった。他の選手の動きやメニューの流れを知ってもらうことがこの日のポイントだったと言う。昨季までのドジャース在籍4年間で通算47勝35敗、防御率3.87の成績を残した前田に全幅の信頼を寄せるバルデリ監督は、前田の起用法を問われこう紡いだ。

「すばらしい打者を打線に揃えているいくつものナ・リーグのチーム相手に彼は投げてきた。先発投手というのは対峙する打者によってそれぞれ異なった攻め方で打ち取る能力を持っている。だから(リーグが変っても)ちょっとでも慣れさえすれば、その違いは投手にとって表面的なものでしかないだろう」

 就任1年目で101勝を挙げ、9年ぶりのア・リーグ中地区制覇を導いたバルデリ監督が前田の先発起用に証左の言葉を残した瞬間だった。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。