勝利数史上7位、阪急ブレーブスの名将・上田利治氏が死去 その偉大な功績

1975年から日本シリーズ3連覇、78年には79分間の中断となる猛抗議も

 7月2日、阪急ブレーブスなどの監督を務めた上田利治氏の逝去が明らかになった。享年80歳。

 上田氏は1937年1月生まれ。長嶋茂雄野村克也らの1学年下。徳島県海部郡宍喰町(現海陽町)出身で、海南高校では、甲子園には出場できなかったが、強打の捕手として活躍。関西大学に進み、村山実とバッテリーを組み、2年生時に全日本大学選手権を制した。

 卒業後は広島カープに入団。1年目は正捕手・田中尊の79試合に次ぐ65試合に出場したが、オフに右肩を故障。以後、出場試合数が減ったが、首脳陣は上田氏の卓越した頭脳を評価し、1962年、引退と同時に25歳で2軍コーチになた。

 さらに1971年、阪急ブレーブスのヘッドコーチになる。当時の阪急は長池徳二、山田久志、福本豊、加藤秀司らドラフト入団組を中心として強豪チームとなっていたが、上田ヘッドコーチは作戦面、用兵面でチームを取り仕切る。

 そして、1974年、西本幸雄監督の退任に伴い、監督に昇格。37歳の若さで監督になった上田氏は、強烈なリーダーシップでチームを引っ張った西本監督とは対照的に、選手とのコミュニケーションを大事にし、「兄貴分」的な存在としてチームを引っ張った。

 在任2年目からリーグは4連覇、日本シリーズも3連覇するが、4連覇がかかった1978年のヤクルトとの日本シリーズでは、大杉勝男の本塁打性の打球をめぐる判定で、上田監督が審判団に激しく抗議。コミッショナーが乗り出す騒ぎとなり、最終的には再開されたが、79分もの中断となった。この間、テレビは中継を継続していたが、視聴率は日本シリーズ史上最高の45.6%を記録している。上田氏は日本シリーズの進行を混乱させた責任を取って監督を退任した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長嶋茂雄 入院
  2. 長嶋茂雄 現役時代
  3. 長嶋茂雄 脳梗塞
Full-countの記事をもっと見る 2017年7月2日の野球記事
「勝利数史上7位、阪急ブレーブスの名将・上田利治氏が死去 その偉大な功績」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    明快な理論、時折まじる阿波弁の解説、同郷の偉人です。ご冥福をお祈りします。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長嶋茂雄 + 入院」のおすすめ記事

「長嶋茂雄 + 入院」のおすすめ記事をもっと見る

「長嶋茂雄 + 現役時代」のおすすめ記事

「長嶋茂雄 + 現役時代」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野村克也」のニュース

次に読みたい関連記事「野村克也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら