日本ハムの小さな大投手 身長167センチ・谷元圭介が挑む夢舞台

日本ハムの小さな大投手 身長167センチ・谷元圭介が挑む夢舞台
日本ハム・谷元圭介【写真:荒川祐史】
初の球宴出場果たした32歳

 球界で3番目に身長の低い投手の1人として知られる北海道日本ハムの谷元圭介投手は、今季も勝ちパターンの一角を担い、後ろの投手へバトンをつなぐ重要な役割を全うしている。6月23日の楽天戦で、NPB史上25人目となる通算100ホールドに到達すると、「マイナビオールスターゲーム2017」にも監督選抜で選出され、32歳にして初の球宴出場が決まった。

 低い重心から最速150キロの速球を投げ込む谷元投手にとって、167センチという身長は他の投手にはない武器の一つでもある。しかし、プロで成功を収めるまでには、人一倍苦労も味わってきた。

 三重県立稲生高校から中部大学に進学したが、身長を理由に社会人野球の強豪チームからのオファーはなく、最終的にバイタルネットに入社。通常の業務をこなしながら練習に励み、エースとしてチームをけん引した。北海道日本ハム入りが決まった際は、入団テストを受けた上でのドラフト7位指名で、決して高い評価を得てのプロ入りではなかった。

 しかし、谷元は自らの投球で徐々にその評価と信頼を高めていく。ルーキーイヤーの2009年に、その年の新人では12球団一番乗りとなるプロ初勝利を挙げる。防御率は5点台ながら24試合に登板し、プロとしての確かな第一歩を踏み出した。

今年6月に国内FA権を取得、長年チームを支えてきた証

 3年目となる2011年には、47試合に登板して防御率2.47という安定感を見せ、1軍戦力としての足場を固めた。以降はチーム状況に応じて先発やロングリリーフなど、与えられた役割を着実にこなし、首脳陣の期待に応えると、再び中継ぎに専念した2014年は52試合に登板して5勝1敗、12ホールド1セーブ、68回、防御率1.59。初めて2桁のホールドも記録し、勝ちパターンとしての地位を確かなものにした。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2017年7月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。