楽天が50%以上の伸び、ソフトバンクは2000万増…過去10年の12球団年俸推移を分析

楽天が50%以上の伸び、ソフトバンクは2000万増…過去10年の12球団年俸推移を分析
楽天・浅村栄斗(左)と鈴木大地【写真:荒川祐史】
楽天はわずか4年間で2820万円から5100万円まで急伸

 日本プロ野球選手会は29日、2020年シーズンの年俸調査結果を発表した。日本人選手727人が対象で、外国人選手らは含まれない。日本人の支配下全選手の平均年俸は4189万円で前年比4.5%増。ソフトバンクが平均7131万円で12球団トップ、巨人が6107万円で2位、現在パ・リーグの首位を走るロッテは3035万円で12球団で最下位となった。

 この年俸調査結果では12球団の支配下選手の平均年俸の変化、ポジション別の内訳が分かるようになっている。今季はプロ野球の歴史で初めて全選手の平均年俸が4000万円を超えた。だが、ここ10年で言えば、平均年俸に関しては大きな変化はない。10年前の2010年でも3830万円だった。

 では、各球団の成績と年俸はこの10年間、どのように変化をしていっているのだろうか。

【パ・リーグ】
西武
2010年:3524万円→2020年:3972万円(448万円、12.7%増)リーグ優勝2回、Aクラス7回

○ソフトバンク
2010年:5119万円→2020年:7131万円(2012万円、39.3%増)リーグ優勝5回、日本一6回、Aクラス9回

○日本ハム
2010年:3809万円→2020年:3798万円(11万円、0.28%減)リーグ優勝2回、日本一1回、Aクラス6回

○ロッテ
2010年:3574万円→2020年:3035万円(539万円、15.1%減)リーグ優勝なし、日本一1回、Aクラス4回


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。