DeNA浜口はなぜ6回途中降板? 交代の根拠とラミレス監督の信念「焦る時期ではない」

DeNA浜口はなぜ6回途中降板? 交代の根拠とラミレス監督の信念「焦る時期ではない」
DeNAのアレックス・ラミレス監督【写真:津高良和】
勝敗の潮目が変わった6回の巨人の攻撃

■巨人 5-2 DeNA(30日・東京ドーム)

 首位・巨人に0.5ゲーム差に迫って敵地・東京ドームに乗り込んできたDeNAは初回に幸先よく2点を先取したが、リリーフ陣が踏ん張れずに初戦を落とした。悲願のリーグ優勝を目指す上で大きな壁となるのが昨季覇者の巨人。第1Rは何としてでも、取りたかったはず……。試合後、悔しさをにじませラミレス監督はやってくると思いきや、穏やかな面持ちでオンラインの会見上へ現れた。気持ちは次戦に切り替わっていた。

 DeNAは初回、巨人先発の戸郷から佐野の中犠飛、宮崎の中前適時打であっさりと2点を先取。「(この後も)5~6点を取れるのではないかと最初は思ったが、2回から捕手とのコミュケーションも、球種の使い方も良かった。非常にいい投球をされたかなと思います」と2回から降板する7回途中まで、無得点に封じ込まれた右腕に“脱帽”だった。

 勝負の潮目が変わったのは6回だった。先発の浜口はここまで中島の本塁打による1点に抑え、何とか粘りの投球を続けていた。

 先頭の増田大を四球で歩かせた。続く丸は二ゴロ。ここから坂本、岡本、中島といった右の強打者が続く。ここで指揮官は迷わず、2番手・国吉への交代を決めた。

「(浜口は)全体的にいい投球だった。5回までは素晴らしかったが、スタミナがギリギリだった。浜口に勝ち投手になって欲しい気持ちが強かったので代えました」


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。