【米国はこう見ている】ダルビッシュの負傷でア・リーグの投手力低下が加速? 米メディアが特集

【米国はこう見ている】ダルビッシュの負傷でア・リーグの投手力低下が加速? 米メディアが特集
レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:田口有史】
多くの大物投手がナ・リーグ移籍または負傷する事態に

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が右肘靭帯損傷で長期離脱の可能性が浮上したことを受け、ア・リーグでエース級投手が減少傾向にあることを指摘する声が上がっている。米テレビ局「CBSスポーツ」が「ユウ・ダルビッシュとア・リーグにおける投手の枯渇」との見出しで特集している。

「ユウ・ダルビッシュの肘の故障とトミー・ジョン手術の可能性について、ア・リーグ全体にとってどんな意味を持つのか、一歩離れて考えてみよう。ダルビッシュの靭帯損傷と今季欠場危機は、ジュニア・サーキット(ア・リーグの通称)におけるピッチャーの枯渇という大きな流れの1つであることが明らかになる」

 こう分析している記事では、先発投手を昨年のWAR(Wins Above Replacement)で評価。WARとは打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表す。このWARのランキングで上位に位置していたア・リーグ投手の多くが今季ナ・リーグ球団へ移籍、あるいは負傷などで投げられない事態に陥っていることに言及している。

 最初に挙げられているのは今オフのフリーエージェント市場でビッグ3と呼ばれたエーストリオ。昨年のア・リーグでWAR4位だった2013年サイ・ヤング賞投手のマックス・シャーザーがタイガースからナショナルズ、同7位の左腕ジョン・レスターがアスレチックスからカブス、同20位のジェームズ・シールズがロイヤルズからパドレスにそれぞれ移籍したことを挙げ、ナ・リーグの先発陣が一気にレベルアップしたとしている。また、同39位で昨季ヤンキースで唯一ローテーションを守った黒田博樹が広島に復帰したことにも触れている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ダルビッシュ有 Instagram
  2. ダルビッシュ有 twitter
  3. ダルビッシュ有 山本聖子
Full-countの記事をもっと見る 2015年3月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ダルビッシュ有 + twitter」のおすすめ記事

「ダルビッシュ有 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「ダルビッシュ有 + 手術」のおすすめ記事

「ダルビッシュ有 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村剛也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。