燕バレンティン、球審への侮辱行為で退場 本塁に土をかけるような仕草

見逃し三振の判定に不服

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が球審への侮辱行為で退場処分となった。

 5-5の同点で迎えた5回、カウント2-2から相手先発・大野の内角への直球を見送ったが、判定はストライク。見逃し三振となった。すると、判定への不服からホームベースに土をかけるような仕草を見せ、球審がすぐに退場を宣告した。

 3点を追う3回にはライトへ同点3ランセ・リーグトップのゲレーロに3本差としていたが、まさかの形でゲームを去った。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2017年9月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。