【MLB】新天地で覚醒する前田健太 データが示す昨季との明らかな“変化”とは?

【MLB】新天地で覚醒する前田健太 データが示す昨季との明らかな“変化”とは?
ツインズ・前田健太【写真:AP】
       
昨季までは4割前後あったストレートが今季は2割以下に減少

 今季ここまで9試合に先発して5勝1敗の好成績をマークしているツインズの前田健太投手。5勝はメジャー9位タイ(リーグ6位タイ)、防御率2.43は11位(リーグ4位)の好成績を残し、1イニングに出す走者の数を示すWHIPはメジャートップの0.74と目を見張る成績を残している。

 ドジャースからトレードで今季ツインズに移籍した前田。ドジャース時代はシーズン終盤やプレーオフで中継ぎに配置転換されていたが、新天地ではローテの中核となり、そして地元メディアの間でもプレーオフの「先発1番手」との呼び声が上がるほど、評価が高まっている。

 ドジャースからツインズへとユニホームが変わった前田だが、今季、投球データから見ても、ドジャース時代から大きな変化が起きているのだ。

 米データサイト「Baseball Savant」によると、ドジャースに在籍した2016年からの4年間、前田の球種割合はストレートが30%から40%で最も多く、次いでスライダーが20%から30%ほどとなっていた。チェンジアップはメジャー1年目の2016年は10%ほど。年々増加し、2019年には23%となっていたが、それでもストレートやスライダーに比べれば、少なかった。

スライダー&チェンジアップの2球種が約7割占める

 ところが、ツインズに移籍した今季、その球種割合が“激変”している。例年30%超あったストレート割合は、わずか18.7%に減少。42%近くあった2018年と比べれば、20%以上減らしている。これに対して、スライダーの割合は4割近い38.6%にまで増え、チェンジアップ(スプリットチェンジ)も29.7%にまで増加している。


Full-countの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。