【MLB】ジャイアンツ、大谷争奪戦は「ゴールに非常に近かった」も…敗れた理由は?

【MLB】ジャイアンツ、大谷争奪戦は「ゴールに非常に近かった」も…敗れた理由は?
エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平【写真:Getty Images】
ジャイアンツGMが明かす、地元メディアは「大谷はDHの役割に惹かれていた」

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でのエンゼルス移籍が決まった大谷翔平投手。“書類選考”から7球団に絞り込み、ロサンゼルスで面談を行って移籍先を決めたが、不慣れな外野でのプレーを望んでいなかったと米メディアが伝えている。ジャイアンツのボビー・エバンスGMが明かしたもので、当初からナ・リーグ球団には厳しい状況だったとの見解を示している。

 地元テレビ局「NBCスポーツ・ベイアエリア」電子版は「オオタニとの面談で何が起こったのか」とのタイトルで記事を掲載。その中で、エバンスGMは「我々はテーブルを挟んで彼の向かいに座り、どのような組織なのかを紹介した。そしてボウチーにとっては、ジャイアンツで彼がプレーする際の役割を説明する機会だったんだ」と明かしている。

 ジャイアンツは、大谷との面談にラリー・ベアーCEO、ブライアン・セイビアン強化部門副社長、ボビー・エバンスGM、名将ブルース・ボウチー監督、現役スター捕手のバスター・ポージーも出席したと伝えられている。そして、あらゆる手を尽くしてプレゼンを行ったようだ。

 同GMは「通訳を伴い、我々はジャイアンツ選手としてクラブハウスやフィールド上に立つというのはどのようなことかについて、やりとりすることが出来た。そしてサンフランシスコの街についても理解することが出来た思う」と明かし、大谷の印象について「非常に素晴らしいと思う。非常に直観的であり、抜け目がない。そして、どのように適応し、機能するかについて非常に関心を寄せていた」と称えている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2017年12月16日の野球記事
「【MLB】ジャイアンツ、大谷争奪戦は「ゴールに非常に近かった」も…敗れた理由は?」の みんなの反応 1
  • A 通報

    SFジャイアンツはあまり真面目に考えて無かった様だ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。