【米国はこう見ている】Aロッド、145mソロ弾&2ラン&決勝打で4打点の大暴れ 1試合2HRは約3年ぶり

ジラルディ監督も脱帽「アレックスがいなければ、負けていた」

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲスが17日(日本時間18日)のレイズ戦で4打数3安打2本塁打で決勝点を含む4打点を挙げる活躍を見せ、5-4の勝利の立役者となった。

「6番・DH」で先発したAロッドは2回先頭打者で登場。先発右腕ネーサン・カーンズの2球目、高めのファストボールを強振。衝撃的なスピードで大飛球はバックスクリーンに飛び込んだ。

  MLBアドバンストメディアによると、この一発は471フィート(約144メートル)で今季メジャー最長の飛距離だった。 ESPNは477フィート(約145メートル)とレポート。強烈な一撃で先制点を叩き出した。

 4回の第2打席は3ゴロに倒れたが、2点を追う6回1死一塁で迎えた第3打席に再び魅せた。リリーフの右腕エルネスト・フリエリの4球目をレフトポール際に2ランホームラン。ヤンキースはこれで4-4の同点に追いついた。今季リーグ2位タイとなる第4号。1試合2本塁打は2012年5月23日のロイヤルズ戦以来。1試合複数ホームランはキャリア61回目だったという。これで歴代4位のウィリー・メイズ(660本)まであと2本差と迫っている。

打率、本塁打、打点、安打数、出塁率などチームトップの成績

 そして、勝負も決めた。8回2死二塁のチャンスではセンター前に決勝タイムリー。ESPNのウォレス・マシューズ記者は試合後、ジョー・ジラルディ監督は「アレックスがいなければ、試合に負けていた」とのコメントを速報で伝えている。

 禁止薬物使用問題で昨年公式戦出場停止だったAロッドは今季打率.344、4本塁打、11打点と大活躍。打率、本塁打、打点のみならず、出塁率.432、11安打とすべての数字でチームトップの成績を収めている。チーム打率.226という打線の中で、ロドリゲスの数字は輝きを放っている。

 薬物スキャンダルでメディアやファンから批判を浴びたかつてのスーパースターはア・リーグ東地区最下位に低迷する名門において、一人気を吐くような大活躍。地元ファンの期待と信頼を取り戻している。

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2015年4月18日の野球記事

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。