阪神、能見が7回1失点の好投で今季初勝利 巨人の連勝を5で止めた!

巨人・川相監督代行は4戦目で初黒星

 阪神が18日の巨人戦(甲子園)で2-1で勝利し、巨人の連勝を5で止めた。阪神先発の能見は7回5安打1失点、8奪三振の好投で嬉しい今季初勝利を飾った。

試合は初回にいきなり動く。1回裏、阪神打線は巨人先発田口から2死2塁のチャンスを作ると、4番ゴメスが外角の変化球をセンター前へはじき返し、幸先良く1点を先制する。

 2回以降は両先発投手が安定した投球を見せ、お互いにチャンスの少ないこう着した試合展開が続く。

 巨人は5回表、1死から長野がレフト線への二塁打で出塁、続く村田もレフト前ヒットで一、三塁とチャンスを広げる。2死後、打席に入るのはピッチャー田口。プロ入り初先発となった前回登板時に自らのバットで勝利打点を挙げた田口は、ここでも能見の変化球を見事に捉え、打球は三遊間を破る同点タイムリーヒット。2試合連続で打点を挙げた。

 6回裏、疲れの見え始めた田口に阪神打線が襲いかかる。先頭の西岡がフォアボールで出塁、鳥谷が送り1死二塁のチャンスで、迎えるバッターは先制タイムリーのゴメス。ゴメスはここでもレフトへタイムリーを放ち、阪神が1点を勝ち越す。さらにマートンが四球で出たところで田口は降板、戸根がマウンドに上がる。戸根は福留を四球で歩かせて1死満塁に。阪神のチャンスは広がったが、ここから俊介、藤井と倒れ、阪神は追加点を奪えない。

 その後、両チームの救援陣が踏ん張り、2-1のまま試合は9回へ。阪神は守護神・呉昇桓がきっちりとリードを守った。阪神先発の能見はコーナーを突く丁寧なピッチングで7回を102球、5安打1失点8奪三振の好投で、嬉しい今季初勝利。5連勝中の巨人を止めた。巨人は先発田口が試合を作ったが、打線が援護できず。川相監督代行になって4戦目で初黒星を喫した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2015年4月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。