黒田は4度目登板も7回2失点と好投 4試合連続QSも援護なく、勝敗つかず

抜群の安定感見せるも、広島は延長11回に勝ち越し許して敗戦

 広島の黒田博樹投手が18日、本拠地マツダスタジアムでの中日戦で今季4度目の先発マウンドに上がり、7回7安打2失点、4奪三振1四球で勝敗はつかなかった。4試合連続でのクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)と、メジャー時代と同じように抜群の安定感でゲームを作っているが、援護に恵まれない試合が続いている。広島は延長11回に守護神ヒースが中日・平田に決勝弾を浴び、2-3で敗れた。

 黒田は初回、先頭のエルナンデスを2球で追い込み、スプリットで空振り三振に仕留める。続く亀澤には4球目をセンター前に運ばれたが、続く大島は初球のツーシームを打たせて遊ゴロ併殺打。8球で初回を終えた。

 2回は4番に入った福田をスライダーで空振り三振、ナニータをセンターフライ、平田を遊ゴロと三者凡退。3回も高橋をファーストライナー、松井をレフトフライ、若松を遊ゴロと三者凡退に抑えた。

 しかし、4回は先頭のエルナンデスにレフト前ヒットを許すと、亀澤はバントで1死二塁。大島は二ゴロに打ち取ったが、福田には真ん中低めに甘く入ったツーシームを右中間へ運ばれ、タイムリースリーベースで先制を許した。続くナニータはショートフライに仕留めた。

 5回は先頭の平田をセンターフライ。高橋には左中間への二塁打を浴びた。松井はレフトフライに仕留めたものの、ピッチャーの若松には9球粘られて四球を与える。だが、エルナンデスは右飛で無失点に抑えた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 黒田博樹 年俸
Full-countの記事をもっと見る 2015年4月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「黒田博樹 + 年俸」のおすすめ記事

「黒田博樹 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内野手」のニュース

次に読みたい関連記事「内野手」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。