島崎遥香、「優先席に座っている会社員の人たち」へのツイートに賛否両論

島崎遥香、「優先席に座っている会社員の人たち」へのツイートに賛否両論
女優の島崎遥香さんが、電車の優先席の現状について心中を吐露し、話題になっています。

■「なんで平気で座っていられるんだろう」

16日、島崎さんは自身のツイッターで「おじいちゃんが子供に席を譲ってあげているのに優先席に座っている会社員の人たちはなんで平気で座っていられるんだろう」と疑問を投げかけました。



また、インスタでは12日から韓国に訪れている様子。韓国の電車内では「健康な若者はみんな立ってた。優先席はガラガラでした」と日本との違いについて言及。



View this post on Instagram


cheese ball

A post shared by 島崎遥香 ぱるる (@paruuuuuru) on Jul 12, 2019 at 7:38am PDT

「妊婦さんが座れないのも悲しい現実だよね。生理痛がひどい人とかも。もっともっと暮らしやすい国になって、一人一人の思いやりが増えたらいいね!」と、締めました。

■賛否の声

島崎さんの意見には「わかります」「悲しいですね」と賛同のコメントが多数寄せられています。一方で「線引は厳しい」「精神疾患の可能性も」と、目に見えない病や障害を挙げ、「悲しい現実」と決めつけるのは違うのでは? との意見も見られます。

「変な世の中ですね。わかります。大きく『優先』と書いてある」

「赤ちゃん連れのママや、おじいさん、お婆さん等には、まずは一声かけてあげたいですね」

「盛んな会社員だって疲労困憊の人もいるし、逆に元気な老人もいるし、線引きは厳しいよね」

「外見だけじゃなんとも言えない。うちの父もがんで闘病中は移動がしんどくて優先席に座ってた。周りからどう見えていたのかはわからないけど」

「精神疾患の可能性はないんですか?大変ですよ」

■あまり知られていないヘルプマークの存在

目に見える症状はないものの、助けが必要な人を可視化する「ヘルプマーク」。島崎さんはコメントの中で、ヘルプマークの存在を聞き、「初めて知りました!」と驚いた様子。

そのほか、「心の病持ちで辛い時は優先席に座ります。でもヘルプマーク付けるのは、精神疾患ヤバい人認定がイヤで付けてません」という声、そのせいで「申請ができない」と自身の経験を投稿する人も。

これには「精神的なことって仮病と思われるし、永遠に理解されないと私は思う」と悲しそうにツイートしています。

助けを必要とするヘルプマーク、にも関わらず、社会的なイメージのせいで身につけられないというのは本末転倒。島崎さんも言うように、全ての人が生活しやすい世の中になるといいですよね。

・合わせて読みたい→格安で楽しめる! ホストクラブ「初回」のススメ

(文/fumumu編集部・Amy

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 島崎遥香 Instagram
  2. 島崎遥香 twitter
  3. 島崎遥香 ドラマ
島崎遥香のプロフィールを見る
fumumuの記事をもっと見る 2019年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「島崎遥香 + 塩対応」のおすすめ記事

「島崎遥香 + 塩対応」のおすすめ記事をもっと見る

「島崎遥香 + ドラマ」のおすすめ記事

「島崎遥香 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュース

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。