職場で怒られた! 人前で泣かない3つのコツ

職場で怒られた! 人前で泣かない3つのコツ
(HbrH/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「職場で怒られるたびに泣いてしまう自分がいや…」と悩んでいる人のために、fumumu取材班が涙をぐっとこらえる方法を聞いてきました。ぜひ参考にしてみてくださいね。


(1)心を無にする

「怒られたことを考えるとどうしても泣いてしまうので、そのときだけは心を無にします。怒られている自分が遠い世界にいるような感じで、他人事のように俯瞰して見るんですよ。


怒られた内容は嫌でも頭に入ってきてしまうので、まったく聞いていないわけではないし。その場で泣いて相手を困らせるより、どうにかやり過ごして、ひとりになったタイミングで反省したほうが楽なんです。


泣いてしまうと、情けない自分が嫌でさらに落ち込んでしまうので…。心にシャッターを閉めるイメージをすると、やりやすいと思います」(20代・女性)


関連記事:「心がつらいな」と思ったときに試していることってある?

(2)ただの注意だと理解する

「『怒られた!』とだけ思っていたときは、頭の中がパニックになって反射的に涙が出てしまっていたんです。泣いたことで相手が迷惑そうにも思えて、申し訳なくてさらに泣いてしまって…。悪循環だったんですよね。


今は、なるべく冷静に、ただ注意してもらっているだけなんだと思うようにしています。自分を否定されたわけではなくて、仕事のやり方を直してもらっているだけなんですよね。

あわせて読みたい

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。