職場で「めんどくさい人」認定をされてしまう、3つのNG行動

職場で「めんどくさい人」認定をされてしまう、3つのNG行動
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)「この人めんどくさいな…」と思われてしまう行動には、どんなものがあるのでしょうか? fumumu取材班が、実際に職場であったイライラ体験を聞いてきました。


(1)することを気分で決める

「職場の先輩がすごく気分屋で、気分によって私に振ってくる仕事がコロコロ変わるんです。昨日言っていた内容と変わることも珍しくなくて、すごく振り回されています…。


前日の空いた時間に、次の日の仕事の準備をすることもあるので、その時間が無駄になる事もありました。気分で変わるんだと分かってからは、事前準備にあまり時間をかけないようになりましたよ。どうせ寝て起きたらまた違うことを言うんだろうなぁと思うと、あまり信用できないですよね」(20代・女性)


関連記事:コロコロ指示を変えないで! 信頼できない上司との付き合い方

(2)指示が曖昧

「仕事の指示があいまいな人は、面倒だなと感じてしまいます。自由にやっていいなら問題ないんですけど、そういう人に限って自分のイメージと違うと文句を言うことも多いので。


後から不満を言ったり、指示を追加するなら、最初からしっかり伝えてくれた方がお互い楽なんですけどね。こちらから小まめに報告をして、軌道修正が最小限になるように気をつけています。


仕事が完成してから、まるっとやり直しになった苦い経験もありますから…。曖昧な指示をすることで、部下の時間を奪っていると自覚してほしいです」(20代・男性)

あわせて読みたい

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。