好きなのに「嫌い!」と言ってしまう…あまのじゃくの心理と理由

好きなのに「嫌い!」と言ってしまう…あまのじゃくの心理と理由
(Damir Khabirov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)気になる人や彼氏のことが好きにもかかわらず、「嫌い」という言葉を使ってしまう男女がいます。言われる方は傷ついてしまうことが多いと思いますが、なぜ嫌いだと言ってしまうのでしょうか。

fumumu取材班は、あまのじゃくの心理を聞いてみました。


(1)傷つくのが怖い

何度も彼女に感情を伝えていて、やっとわかったことがあったという男子は…

「僕は、つい最近やっと落とすことができて、本気で好きになった彼女がいます。出会って初回のデートの際に、ツンデレ要素があるということをまず初めに見抜きました。素直に甘えると、傷つくことが怖いという言葉を発したことを覚えていたのです。


なので、好きだと言っても『私は嫌い!』と言いますが、よく言葉の発し方と表情を見ると、本当に嫌いで言っていないことがわかります。そして、敢えて二回目の好きをもう一度言って見るんです。すると、『も、もう…!』と照れ始める素振りがあればもう勝ち確定です。


ただ、そんな素振りもなく本当に素っ気なかったらアウトですけどね」(20代・男性)


関連記事:好きじゃないの?男性が気持ちを伝えてくれずにイライラしたエピソード

(2)心底惚れている自分への照れ

好きなのになぜか嫌いと言ってしまう女子。今まで好きじゃ無いと勘違いされて両思いにならなかったこともあったそうです。

あわせて読みたい

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュース

次に読みたい関連記事「浮気」のニュースをもっと見る

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月24日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。