新型コロナの影響で…春休みのキャバクラバイトが激暇、女子大生達の悲痛な声
拡大する(全1枚)


大学が春休みに入り、休みを利用してアルバイトをする学生も多いと思います。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で飲食店はおろか、キャバクラさえも暇な様子。

春休みに、キャバクラでアルバイトをしている大学生達の悲痛な声を聞いてみました。


■そもそも面接で落とされる


「新型コロナ感染拡大の影響か、そもそも面接ですら受かりません。スカウトマンに紹介してもらっても、『今の時期は厳しいかも』と言われているようで…。


お客さんを持っているか、お酒が飲める20歳以上でないと厳しいと言われました」(19歳・女性)


キャバクラ嬢はお客さんを呼ぶことができるかレギュラーか、お客さんを呼ばなくてもお酒を飲んで盛り上げるヘルプ要員に別れます。

未成年はお酒を飲めないので、特にコロナの影響で暇な今は面接に通ることすら厳しいのかもしれません……。


関連記事:ここはキャバクラじゃない! 実際に出会った「居酒屋バイト泣かせの客」

■シフトを削られる…

「派遣のキャバクラに登録したのですが、出勤したい日に出られない。毎週毎に出勤できる日をシフトで入れるんですが、シフトを5日間出しても出勤できるのは2日ほど。


それも出勤できるか当日に連絡が来るのを待つしかなくて。直前に『やっぱり今日は休みで』と言われることもあります」(20歳・女性)


空いた時間に自由出勤ができて、ノルマや連絡先の交換もしなくても良い派遣キャバ嬢。