人気YouTuberねお、所属事務所VAZのパワハラを母が明かす マネージャーの現場放棄も

一般的にYouTube事務所では、広告収入の一部(20%程度とされます)をマネジメント料として事務所に差し出す契約形態が多いですが、ねおさんレベルで30万円というのは明らかに低すぎる数字です。

■マネージャーが嫌がらせ行為

次に(2)ですが、現場放棄のほか、「3人のマネージャーさんがいながら仕事内容が共有されない」「当たり契約期間がいつまでかを伺った時に事実ではない日付けを教えられたり」などの嫌がらせ行為の存在を告白。

現場の人間が不誠実なだけでなく、取締役や経営陣によってYouTubeのアカウントが管理され、ねおさんが触れない時期もあったそう。何度もお願いをして返してもらいはしたのですが、「収益が見えないように」されていたそうです。


■一向に改善が見られず

(3)ですが、同社の森泰輝にはすでに何度も現状を伝えていると言います。しかし、改善すると言われても「その場のみの改善」になるそう。

そして、真実であれば一番マズそうなのが(4)。ねおままさんによると「契約書に記載されてない内容は、毎回VAZの都合で話される為内容が違います」とのことで、時には「結んでいない、記憶のない契約書が出てきています」だとか。

これ以外にも不信感を抱く理由はあり、「契約期間のことを盾に話を曖昧にされる」、案件の話で「(ねおさんを)悪くした上でお断り」されるなどのトラブルも起きているそうです。

■ファンへの理解、応援を求める

編集部おすすめ

当時の記事を読む

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク