もっと早くに知りたかった… 転職活動で気付いた3つのこと

もっと早くに知りたかった… 転職活動で気付いた3つのこと
拡大する(全1枚)
(metamorworks/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)職場の人間関係にストレスを抱えているけれど、辞めるのも怖いし不安……と、そのまま我慢してしまう人は少なくありません。

しかし、実際に転職活動をしてみると、自分の中で常識だと思っていたことが、良い意味で覆されることもあると言います。

fumumu取材班が、転職経験者たちに詳しい話を聞きました。


(1)自分は社会に必要とされている

「『君を雇うのはウチの会社くらいだよ』と、上司に言われ続けてきました。だから、自分の居場所はここしかないと思って、ずっと我慢して仕事を続けてきました。辞めたら最後、再就職なんてできないだろうとも思っていました。


しかし、コロナ禍で解雇されてしまって……。やむなく転職活動をすることになったのですが、今までの職歴や頑張りが評価され、程なくして再就職が決定! 『自分は社会に必要とされている』と、強く感じることができました」(20代・女性)

関連記事:「会社辞めよう!」と決意したなら… かしこく転職するためのチェックポイント

(2)自分がいなくても会社は潰れない

「『君が辞めると迷惑するんだよね』とか『採用するためにいくら使ったと思ってるの?』と、勤め先の社長夫人にいびられ続け、ストレスで倒れてしまいました。


療養のため3カ月は仕事を休むように医者から指示され、1カ月間の入院を余儀なくされたのですが、会社は潰れませんでした。その時にやっと、私1人いなくなっても平気だということに気付き、会社を辞めました」(20代・女性)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク