大手企業→スタートアップに転職してよかったこと3つ

大手企業→スタートアップに転職してよかったこと3つ
拡大する(全1枚)
(Valeriy_G/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)コロナ禍だからこそのスタートアップが多い今、就職や転職のチャンスと話題になっています。

実際に、大手企業→スタートアップに転職した人たちに聞いてみると、「控えめに言って良かったことしかない」と言います。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。


(1)嫌でも時代の動きに敏感になる

「『Podcast』関連のスタートアップに転職しました。今、海外では音声メディアがトレンドになっています。アマゾンでも配信が開始されことから、日本でも今後盛り上がっていくのではないでしょうか。


しかし、Podcast関連のビジネスはまだ日本では一般的ではなく、知る人ぞ知る情報です。スタートアップでは嫌でも時代の動きに敏感になれるので、先行者優位が狙えてお得しかありません」(20代・女性)


関連記事:仕事がつまらない! 今すぐ仕事を辞めたい理由と解決策を聞いた

(2)スピード感が身に付く

「スタートアップは新たな市場の開拓を目指しており、それはまさに、時間との戦いです。『先行者優位』とよく言われますが、1番を取らなければ『二番煎じ』とか『真似』と言われてしまうので、スピードを持って行動することが求められます。


こうした仕事の進め方は大企業ほど難しいもの。転職したおかげで、瞬時に判断して行動するスピード感が身に付いたと思います」(20代・女性)

当時の記事を読む

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク