堀江貴文氏「禁酒法が現代に」 東京都が飲食店の酒類提供を終日禁止へ

堀江貴文氏「禁酒法が現代に」 東京都が飲食店の酒類提供を終日禁止へ
拡大する(全1枚)


22日、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言発令に向け、東京都が、飲食店での酒類の提供を終日禁止する方向で調整していると報じられ、話題になっています。

■禁酒法が現代にやってきた?

今回の報道を受けて、実業家の堀江貴文氏は22日、自身の公式ツイッターを更新。「禁酒法が現代にやってきた。」とコメントし、反響が続々。

リプ欄には、「酒の問題じゃないと思うんだが」「酒のせいかよってな」「酒で感染症が広がるのでしょうか?」といった趣旨のコメントが目立っており、「補償はあるのか?」といった疑問の声もあがっています。

関連記事:

■大型商業施設への休業要請も

22日には、東京都の新型コロナウイルスモニタリング会議が開かれ、小池百合子都知事は、人と人の接触を減らすよう、あらためて注意を即しています。

また、東京、大阪、兵庫の3都府県で大型商業施設への休業要請も検討していると伝えられており、期間は早ければ4月25日からで、5月11日から16日までを軸に調整が進んでいるとのことです。

■「関係者は心折れるだろうなぁ」とツイート

堀江氏は同日、カラオケ店、遊興施設、百貨店などの大型商業施設の休業要請に関するニュース記事を添付し、「流石に関係者は心折れるだろうなぁ……踏ん張ってきた大手飲食チェーンとかも白旗上げそう」とツイート。

ネット上でも経済への影響を懸念する声があがっており、「こういう業界をお客さんに持っているメンテナンスや設備業者もダメージ大きい」「ドラッグストアがどんどん白旗上げていってます。結構デカい店舗もどんどん撤退」など、さまざまな業種への影響が報告されています。

■先行きを不安視するコメントも

重ねて堀江氏は、「首相、緊急宣言23日に決定」というニュース記事に対し「これは流石に心折れる人多いだろうなぁ」と発言し、ツイッター上には「折れました」「もう折れてるよ」という返信も。

感染拡大に歯止めがかからない状況で「緊急事態宣言はやむなし」という意見もありつつ、先行きを不安視するコメントが多く見受けられました。

堀江貴文氏のツイッターはコチラ

・合わせて読みたい→「緊急事態宣言を楽しもう」に賛否両論 立場の違いで意見も変化

(文/fumumu編集部・星子

あわせて読みたい

fumumuの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月22日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。