19日放送の『だれかtoなかい』(フジテレビ系)に、講談師の神田伯山さんが出演。

過去に出演した生放送の番組でブチギレ、客が静まり返ったというエピソードを披露しました。


NHKの生放送番組でブチギレ

俳優の市村正親さんと神田さんがゲストで登場した同日の放送。そんな神田さんは「僕は芸でウケないと、楽屋で『うわ~客悪いわ』って言ってた」とぶっちゃけ、お正月の生放送番組『東西笑いの殿堂』(NHK)に出演したときの出来事を振り返ります。

神田さんによると、講談で客を笑わせなくていいものの「ここリアクションほしいな」と思うところがあるのだそう。しかし、リアクションがなかったため神田さんは生放送で「客が悪い」とブチギレてしまい、客席が静まり返ったとのこと…。

関連記事:千鳥・大悟の「自分のお葬式でかけてほしい曲」に絶賛の声 「泣いちゃう」

■「これが芸能界のやり方か」

そのことが原因で、神田さんは数年呼ばれていたこの番組に翌年からきっちり呼ばれなくなってしまったそうです。

一方、神田さんが明かした出来事を聞いたMCの中居正広さんは「それはね、あの…NHKが正解」とコメント。しかし神田さんは、番組に呼ばれなくなったことに対して「これが芸能界のやり方か」と思ったことを明かします。


■憧れの神田に「まだ若い」と説教!

すると中居さんは、生放送番組にも関わらず、客の前で自分の理想のリアクションがなかったことにブチギレた上、番組に呼ばれなくなったことに「これが芸能界か」と話す神田さんに「それ違う違う違う」とツッコミ。

さらに市村さんも、“憧れの人物”である神田さんを指して「まだ若いんですよ」と口にすると、「あのね講談は上手いけどね、まだ内容が若いと思うんだ」と続けて話します。

「だってさ俺(神田さんに)憧れて呼んだのに、つまんねぇとこでさ客にキレるんだなと思ったらさ…まだ若いよ、君は」と神田さんに説教する市村さん。一方の神田さんはこの仕打ちに「おいおい!これが芸能界のやり方か!」と嘆きました。

『だれかtoなかい』はTverで5月26日まで視聴可能

・合わせて読みたい→ヒロミ、ご飯をごちそうしたときに感じる世代間ギャップ 「今の若い子って…」