「どこまで発展する!? 中国のびっくりIT最新事情」第12回iPhoneが中国で売れなくなった"本当の理由"とは!?

「どこまで発展する!? 中国のびっくりIT最新事情」第12回iPhoneが中国で売れなくなった"本当の理由"とは!?
       

iPhoneが売れなくなったのは、
「高すぎる」から

2019年は、アップルショックで年が明けた。1月2日、アップルは2019年度第一四半期の業績予想を下方修正する発表を行った。890億ドルから930億ドルという当初予想を840億ドルに引き下げた。その理由は、アップルにとってすでに大きな市場となっている中国、香港、台湾での中華圏の景気減速により、販売台数が伸び悩んだというものだった。

この発表により米国株式市場は、IT株を中心に下落。日本でもその影響で、円相場が一時104円台まで急騰、1月4日の日経平均が一時600円以上下げるという状況になった。

一部には「米中貿易摩擦の影響で、中国で米国製品を買い控える傾向が起きている」という報道もあるが、中国メディアはそのような傾向を報道していない。多くの中国人が指摘をする理由は実に単純で「高すぎる」ということにつきる。

中国販売サイトで価格を調べてみると、iPhone XSが8699元から、iPhone XS Maxが9599元からになっている。一方で、ファーウェイMate20Proは5999元、vivo NEXが4298元、OPPO Find Xが4999元、シャオミー8が2699元と価格帯がまったく違っている。さらに、シンプルな機能のスマートフォンであれば1000元を切る価格でも購入できることを考えると、iPhoneは「異常に高い」と感じる人が多いのも無理はない。


Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。