「Safari」のトラッキング防止機能(ITP)でWEB広告業界に激震--アップルがプライバシーを製品の軸にする理由とは!?

「Safari」のトラッキング防止機能(ITP)でWEB広告業界に激震--アップルがプライバシーを製品の軸にする理由とは!?

「Safari」に搭載されたITPがWEB広告、マーケティング業界に大きな影響

アップルのブラウザー「Safari」に搭載されたITP(インテリジェント・トラッキング防止機能)が、WEB広告、マーケティング業界に大きな影響を与えている。サードパーティークッキーを利用した広告配信やコンバージョン効果測定などができなくなるからだ。

クッキーはサイトのログイン情報などをデバイスのストレージに保存をしておく仕組みで、WEBのログイン状態などを保つなど利便性が高い。それだけでなく、WEBが提携しているリターゲティング広告配信会社のクッキー(サードパーティークッキー)も同時に保存させることで、さまざまな測定ができるようになる。広告配信会社は、多数のWEBに広告を配信し、サードパーティークッキーを保存させるため、ユーザーがどのようなサイトを訪問したか把握できるようになる。

その象徴的な存在が、「追いかけてくる広告」だ。あるサイトで表示されたのと同じバナー広告が、別のサイトに移動しても表示される。ITPは、サードパーティークッキーをすぐに削除してしまうことで、このようなサイト越えトラッキングをできなくする仕組みだ。

もちろん、WEB広告やマーケティング関係者にとっては死活問題であるため、エンジニアたちは必死に回避策を探って対応をしている。しかし、アップルはITPのバージョンアップを行い、その回避策を塞いでくる。最後には、効果測定レポートのiOSやMacOSの項目は、他のプラットフォームから取得したデータからの「推計値」を書くしかなくなってしまうかもしれない。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。