中国、災害時にはWi-Fi基地局が空中へ--中国西北工業大学が開発、太陽光発電で空を飛ぶ

中国、災害時にはWi-Fi基地局が空中へ--中国西北工業大学が開発、太陽光発電で空を飛ぶ

中国・西北工業大学航空学院で、災害時にWi-Fi通信を確保するユニークな方法を研究

日本も、豪雨、豪雪、地震といった災害が、毎年のように起こる国になった。災害が起きた時に最も必要とされるのが「的確な情報」だ。情報端末としてはスマートフォンが何よりも役に立ち、スマホを使うために、携帯電話ネットワークの確保と電力の供給が鍵になる。災害時だからこそ、警察や消防への緊急通報の帯域は確保しなければならない。そのため、携帯電話キャリアは、音声通話の帯域を絞り込み、その代わりデータ通信の帯域を広げるようにしている。お見舞い、安否確認の電話を控えてもらい、災害掲示板の活用やウェブからの情報取得をしてもらうためだ。

中国陝西省の西北工業大学航空学院の周洲教授のチームは、災害時にWi-Fi通信を確保するユニークな方法を研究している。ソーラーバッテリーで飛行する無人飛行機を開発し、そこにWi-Fiルーターを搭載し、空から広範囲にWi-Fi信号を提供しようというものだ。

太陽光がある状態で、無限に飛行できる状態を目指す

このWi-Fi無人飛行機「魅影」(メイイン)は、翼長7m、機体長1.2m、重量16kg。翼には太陽電池パネルが敷き詰められ、太陽光がある状態では、無限に飛行できる状態を目指している。

巡航高度は高度500mから3,000m。最大高度は9,000mで、Wi-Fiルーターは到達距離50kmというもの。携帯電話ネットワークの電波を受信し、これをWi-Fiとして地上に放射する。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。