スマートシティ必須のVPP(仮想発電所)--エンジニアは新領域に転身するチャンス

スマートシティ必須のVPP(仮想発電所)--エンジニアは新領域に転身するチャンス

衝撃的だったトヨタのWoven City(ウーブンシティ)構想、だが新都市構想は中国が先行

今年1月6日、米ラスベガスで開催されたCES2020で、トヨタが発表したWoven City(ウーブンシティ)構想は衝撃的だった。実際に人が住み、あらゆる最先端テクノジーの実証都市となる。停滞する日本においては、久々に希望が見えるプロジェクトだ。Wovenとはweaveの過去分詞で「編み込まれた」という意味だという。

スマートシティ必須のVPP(仮想発電所)--エンジニアは新領域に転身するチャンス

(CES2020でのWoven Cityの発表の様子。いろいろ語られているが、内容はほとんど未定。まったくゼロから、多くの協力を得て作り上げていくことになる)

このようなゼロベースの新都市構想は、中国が北京市郊外に建設した雄安新区が先行している。最終的には2,000平方キロという広大な都市になる計画だ。すでに100万人以上の人が暮らし、あらゆるテクノロジーの実験が行われている。中心部の10万平米(東京ドーム2個分)の区画では、人間が運転する自動車の乗り入れが禁止され、自動運転車のみが走行している。人は自動運転バスで移動する。

この区画には交通信号がなく、自動運転車は他車情報を参照して、安全に交差点を通過する。交差点での渋滞圧が減るため、車両数が増えても渋滞が起こらないという。Woven Cityでは、トヨタがリードをするため、このようなコネクティッドカー関連では、雄安新区よりもさらに高度な技術が投入されることになるだろう。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「スマートシティ + 日本」のおすすめ記事

「スマートシティ + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月3日のIT記事

キーワード一覧

  1. スマートシティ 日本

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。