スマホ使い濃厚接触を判別、Appleとグーグルが共同開発--シンガポールや中国では独自アプリを投入済み

スマホ使い濃厚接触を判別、Appleとグーグルが共同開発--シンガポールや中国では独自アプリを投入済み

暗いニュースばかりの中、久々にテック発信の明るいニュース

新型コロナウイルスの感染拡大により暗いニュースばかりの中、久々にテック発信の明るいニュースが報じられた。アップルグーグルが、スマートフォンのBluetoothを利用して、濃厚接触をしたかどうかを通知するAPIの開発に入っているという。早ければ、5月中にもAPIが公開され、保健衛生系のアプリから利用できるようになる。

仕組みは極めてシンプル。スマホ同士が常にBluetoothで通信を行い、どのスマホとスマホが濃厚接触=近距離に一定時間以上同じ場所に滞在したかを記録する。万が一、誰かが新型コロナウイルスに感染をした場合は、過去14日間にこの陽性の人と「濃厚接触」をした人がわかるというものだ。感染リスクが高いと判断された場合に、アプリが通知をするのか、保険当局が連絡を取るかは、アプリの作り込みによる。

気になるのはプライバシー保護との関係だが、公開されている技術文書によると、ID(識別子)を分割して管理し、特定の人の連続した記録を閲覧できないようにする仕組みだ。

まずスマホは個別の追跡鍵を生成する。これは固定鍵だが、スマホの外に送られることはない。この追跡鍵をベースに24時間ごとに変更される日鍵を生成し、さらに日鍵をベースに15分以内ごとに変更される識別子で、個々の接触記録が管理される。つまり、追跡鍵を持っている本人は一連の接触記録を知ることができるが、管理運営する側は、個々の接触記録はわかるものの、特定の人物の一連の接触記録を知ることはできない。また、すべての記録は14日間で不要になるので消去されるという。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月16日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。