ヤフー、コロナ対策で「混雑レーダー」再開 - 厚労省と協定しデータ提供

ヤフー、コロナ対策で「混雑レーダー」再開 - 厚労省と協定しデータ提供

ヤフーは、「Yahoo! MAP」アプリ(iOS版、Android版)及びWeb版「Yahoo!地図」において、2020年1月31日に終了した、地図上でエリアやターミナル駅周辺の混雑度を確認できる機能「混雑レーダー」の提供を再開しました。


ヤフー、コロナ対策で「混雑レーダー」再開 - 厚労省と協定しデータ提供

(「混雑レーダー」を再開(出典:ヤフーWebサイト))

今回の「混雑レーダー」では、同社が提供する各アプリ上で位置情報の利用を許可しているデータをもとに算出した2時間前から26時間前までの混雑状況を、「Yahoo! MAP」と「Yahoo!地図」上で、混雑度を色で段階的に表現するヒートマップとして確認できます。政府が「3密」を避けるよう要請する中、やむを得ない事情で外出しなければならないユーザーの不安を解消する一助となることを目指します。

また同社は、厚生労働省と協定を締結し、ユーザーのプライバシーを十分に保護することを前提に、位置情報や検索・購買履歴のビッグデータを分析し、関係省庁が実施する新型コロナウイルス感染症対策の最適化・効率化に貢献する取り組みを開始したと発表しました。


ヤフー、コロナ対策で「混雑レーダー」再開 - 厚労省と協定しデータ提供

(提供する分析結果を架空の地図上に表示したイメージ(出典:ヤフーWebサイト))

今回の取り組みに同意したユーザーの位置情報、検索・購買履歴をヤフー内にて組み合わせて分析し、新型コロナウイルスの「感染者集団(クラスター)の発生が疑われるエリア」を推定。分析結果(統計データ)を厚生労働省に提供し、「医師の配置の最適化」や「健康相談体制の充実」といった各種取り組みに活用します。

【出典】Yahoo! MAP、エリアやターミナル駅周辺の混雑度を表示する「混雑レーダー」を再び提供

【出典】厚生労働省との協定締結を踏まえ、位置情報、検索・購買履歴のビッグデータ分析を新型コロナウイルス感染症対策に役立てる取り組みを開始

あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月20日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。