コロナ収束後もテレワークは定着する!? テレワーク普及を阻む3つの理由とは!?

コロナ収束後もテレワークは定着する!? テレワーク普及を阻む3つの理由とは!?

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅テレワークに切り替わったという方も多いでしょう。この在宅テレワークが、コロナ収束後の「ニューノーマル」(新日常)になってほしいと考えている方も多いのではないでしょうか。ただ、企業がテレワークに踏み切れない理由として、以前から6つの課題が挙げられており、この6つの課題は、3つのカテゴリーにまとめることできます。

目次

1. 在宅テレワークの最大のメリットは「通勤時間不要」

2. テレワークの定義と3分類

2.1.「在宅型」

2.2.「サテライト型」

2.3.「モバイル型」

2.4. テレワークの定義に注意!

3. テレワーク導入企業の経年推移

4. テレワーク導入を阻む3つの理由

4.1. セキュリティ対策が難しい

4.2. 労務管理、評価制度、定型業務の課題

4.3. 働き方の問題

5. まとめ

1. 在宅テレワークの最大のメリットは「通勤時間不要」

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅テレワークに切り替わったという方も多いでしょう。突然のことであったため、企業側も社員側も準備不足であることは否めず、いろいろ苦労をされたり、困惑されたりしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、在宅テレワークはおおむね歓迎をされています。その最大の理由は、通勤時間が不要になるということです。感染リスクも大きく下げられますし、何より体力、精神、時間の3つを大きく節約できるからです。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月13日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。