エンジニアも非エンジニアもPythonを学ぶべき理由とは!?--エンジニアに求められる役割に変化も

エンジニアも非エンジニアもPythonを学ぶべき理由とは!?--エンジニアに求められる役割に変化も

難易度、就職に有利…それ以外にも「最初にPythonを学ぶべき」理由がある!

よく「未経験者が最初に学ぶプログラミング言語は、どれがいいですか?」という質問に対し、「どれでもかまいません」「未経験者でも学びやすいのは○○」「就職がしやすいのは○○」という回答が返されることが多い。

どれもそれぞれ理にかなっている。現在のプログラミング言語は、特殊なものを除けば、文法的には似通っている。せいぜい英語とドイツ語程度の違いしかないため、どれかひとつをマスターしてしまえば、別のプログラミング言語は簡単に身につけることができる。だったら、難易度の低いものがいい、いや、現実を考えて就職に有利になるものがいいというのも当然の考え方だ。

しかし、ここでは、まったく別の角度から「最初にPythonを学ぶべき」とお勧めしておきたい。

エンジニアも非エンジニアもPythonを学ぶべき理由とは!?--エンジニアに求められる役割に変化も

理由1.機械学習などの人工知能系のプログラミングに多く用いられる

Pythonを最初に学ぶべき理由の第1は、機械学習などの人工知能系のプログラミングに多く用いられることだ。

人工知能はもはやエンジニアだけのものではなくなっている。ビジネスや生活のあらゆるシーンで使われていくことになる(初歩的な機械学習は、気づいていないだけで多くのところで使われている)。エンジニアにとっては、無限の可能性が広がっている。

理由2.ライブラリが群を抜いて充実している

そして、より重要なのが、ライブラリが群を抜いて充実をしているため、プログラミングの意味合いが完全に変わったことだ。極端に言えば、従来のプログラミング言語は、1から10までエンジニアがアルゴリズムを考え、コーディングをしていかなければならないものだった。それは特別な修練を積んだ専門家にしかできないことだった。一方で、Pythonはライブラリを組み合わせるような感覚でプログラミングができる。従来のプログラミング手法が彫刻のようなものだとすれば、Pythonプログラミングはプラモデルを作るような感覚だ。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。