“ハンコ出社”する状況変わるか!? Holmes、「電子署名法の改正」に関する意見を規制改革推進室に提出

“ハンコ出社”する状況変わるか!? Holmes、「電子署名法の改正」に関する意見を規制改革推進室に提出

Holmesはこのほど、対面や押印による行政手続きや民間契約を減らすための議論を進めている規制改革推進室に対し、クラウド型電子契約サービスを提供する事業者として、電子署名法の改正に関する意見を提出したと発表しました。

同社は、クラウド型電子署名機能(以下、ホームズクラウド電子署名)を搭載したクラウド型契約マネジメントシステム「ホームズクラウド」を提供し、多くの利用者に幅広く活用されています。

ホームズクラウド電子署名は、電子署名法3条の推定効によらず、電子契約の真正な成立の立証を可能とするプラットフォームを提供することで、電子契約の安全性を確保。また、大手法律事務所の監修のもと、ホームズクラウドを利用した電子契約の有効性についての説明書を提供するなど、利用者の不安を払拭する為の取り組みを継続的に行っています。


“ハンコ出社”する状況変わるか!? Holmes、「電子署名法の改正」に関する意見を規制改革推進室に提出

(Holmesロゴ)

現在、新型コロナウィルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を契機に、利便性に加え、社員の命を守る必要性から、多くの企業でクラウド型電子署名サービスの導入が検討されています。しかし、電子署名法上の推定効が及ばないことを理由に、クラウド型電子署名サービスの導入を躊躇する企業も多く、多数の社員が契約書の押印・送付のために出社を余儀なくされている状態です。

実際、同社が2020年4月に実施した調査によると、テレワーク時にやむを得ず出社した理由として、最も多いのは「契約書の押印・送付」のためである事が判明。さらに、出社時と比べてテレワーク時に不便と感じた主な契約業務としても、契約書の押印が挙げられており、「企業の生産性の低下」につながっていると推測されます。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。