「エンジニアあるある」第48回古い電子機器の内部のオゾンの臭いを嗅ぐと、涙が止まらない。

「エンジニアあるある」第48回古い電子機器の内部のオゾンの臭いを嗅ぐと、涙が止まらない。

エンジニアの方の”あるかもしれない”日常風景をデフォルメしてコメディタッチに描く本連載「エンジニアあるある」。さて、今回はどんな風景なのでしょうか...

☆☆☆☆☆☆

人にはその人の一生を決定づけてしまう原風景というものがあります。この原風景には、臭いが密接に関連していることが多いようです。生まれた家の畳の生活感のある臭い。ガレージに満ちていた自動車のガソリンくさい臭い。新築の家の揮発性の臭い。初めて夢中になった本の紙とインクの臭い。それぞれの人に、それぞれの原風景の臭いがあります。

年代にもよりますが、エンジニアの場合、オゾンの臭いが原風景の臭いだという人がけっこういます。ちょっと金属臭っぽく、消毒液のような独特の臭いです。そもそも「オゾン」という言葉が、ギリシャ語で「臭い」を意味するのだそうです。

オゾンは、ブラウン管テレビやコピー機など高圧を使う機器で発生します。また、モーターも整流子というブラシが回転体に接しているため、火花が発生し、オゾンを発生させます。

エンジニアになるような人は、子どもの頃は、なんでも分解してみて、どのような仕組みであるかを調べずにはいられないサガを持っています。しかし、オゾン臭のする機器はやばいということも幼い頃から理解しています。オゾン臭がする機器は、高圧電源を扱う機器なので、不用意に触れるのは危険であるということは誰に教えられるもなくわかっているのです。


あわせて読みたい

Geekroidの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月25日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。