J王者広島の初戦はホームで北京国安とドロー

J王者広島の初戦はホームで北京国安とドロー

[2.25 ACL第1節 広島1-1北京国安 Eスタ]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージが25日に開幕。各地で第1節が行われた。2年連続の出場となるJリーグ王者、F組のサンフレッチェ広島はホームにプレーオフを勝ち上がった北京国安(中国)を迎えた。

 22日に行われた富士ゼロックススーパー杯を制した広島だが、故障者続出に悩まされている。もともと主力のMF森崎浩司、MF森崎和幸、MF高萩洋次郎らを故障で欠く広島だが、ここにきてゼロックス杯で先発したMF柴崎晃誠とMF清水航平も離脱。スタメンにはMF丸谷拓也、MF山岸智が入り、下部組織から昇格したばかりのMF宮原和也、MF川辺駿がベンチ入りメンバーに名を連ねた。

 試合は互いに慎重な立ち上がりを見せた。北京国安がエクアドル代表FWゲロンがキレのあるドリブルからエリア内に侵入する場面を作るが、16分のシュートがわずかに左に外れるなど、フィニッシュの精度を欠いてしまう。広島は落ち着いてボールを保持し、チャンスを伺うが、北京の組織的な守備を崩せず、前半はスコアレスで折り返すことになった。

 試合が動いたのは後半18分だった。北京国安は右サイドからのCKを獲得すると、混戦の中でゲロンがシュート。GK林卓人がバランスを崩しながら右手でセーブするが、こぼれ球をMFハ・デソンに押し込まれてしまった。

 しかし広島も意地を見せる。後半33分、左サイドからのCKを獲得すると、一度は跳ね返されるが、MF

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サンフレッチェ広島 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2014年2月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事

「サンフレッチェ広島 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「浦和レッズ」のニュース

次に読みたい関連記事「浦和レッズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら