決勝点アシストの横浜FC・DFドウグラス「自分たちの準備が良かった」

決勝点アシストの横浜FC・DFドウグラス「自分たちの準備が良かった」

[3.22 J2第4節 横浜FC2-1山形 ニッパ球]

 この試合、横浜FC山口素弘監督が強調したのは、ボールの回収についてだった。「データでは、J2の支配率はウチが1位で、山形さんが2位ということだった。選手たちには『ボールを握りたければ、奪いに行け』と話していました。奪うところと守るところの判断ができていたと思う」と、振り返る。

 それを体現したようなプレーが、後半35分だった。モンテディオ山形のMFディエゴがボールを持ち、体を外向けたまま縦にパスを入れた。これを狙っていたのが、DFドウグラスだった。

「自分たちの準備が良かったと思います。監督から、そういう縦パスが入ってくるということは言われていました。そういう準備があったからこそ、ボールを奪うことができたと思います。あのときも『パスが来る』というのが頭の中にありましたし、ボールが弱かったのでチャンスだと思いました。ああいうプレーは自分の持ち味ですが、仲間があって、その特長も生きるのです」

『良い攻撃は、良い守備から始まる』。この場面は、まさにそんな格言がピタリとハマる。ボールをカットしたドウグラスは、そのままボールを持ち上がり、前掛かりになっていた山形守備陣の裏を突く。右サイドから最終ラインの裏にボールを送ると、走り込んだFW黒津勝がボールを受けて、DFとの駆け引きを制してゴールネットを揺らした。

 昨シーズン、なかなか欲しい形でボールを受けられなかった黒津の特長を、今季新加入のドウグラスは見事に生かした。「(攻め上がって疲れていたので)最後の力を振り絞って、あそこにパスを出した感じでした。走っている黒津選手は見えていました。彼が良い動きをしていなかったら、あのパスもなかったので、彼を誉めないといけません」。そうドウグラスは、得点を挙げた黒津に感謝した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年3月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。