愛媛サポによる“讃岐中傷旗”掲示に関してチェアマン「残念な行為」

 5月18日にニンジニアスタジアムで行われたJ2第14節の愛媛FCカマタマーレ讃岐の一戦で、一部の愛媛サポーターが讃岐を中傷するフラッグを掲げ、選手バスの会場入りを妨げようとする行為があったことについて、Jリーグチェアマンの村井満氏が21日、公式サイトでコメントを発表した。

 この問題については、20日に愛媛の亀井文雄社長から当日の状況について直接報告を受けたとしたチェアマンは、「クラブはフラッグに書かれていた英語をどのように認識していたか、また試合中のどのタイミングで掲示されたか」などの再調査を要請。ただ報告を受けた限りでは、愛媛はクラブとしてできる限りの対応はできていたとの認識を示した。

 しかしJリーグは先月22日に3つのフェアプレー宣言として、世界一フェアでオープンなJリーグを作っていこうと宣言したばかり。その直後の出来事に「3つのフェアプレー宣言とメッセージに込めた思いに対しては、それに反する残念な行為であったのではないかとも思います」と不快感を示した。

 今後については、「クラブからの詳細報告が全て揃った時点で、処分の有無も含めて検討したいと考えております」としている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年5月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら