[6.7 全国高校総体大阪府予選決勝リーグ第2節 金光大阪高 6-1 大塚高 J-GREEN堺]

 平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技(山梨)大阪府予選は7日、決勝リーグ第2節を行い、金光大阪高と大塚高との一戦は金光大阪が6-1で勝利。決勝リーグでの成績を1勝1敗とした金光大阪は、8日の最終節で2枚の全国切符のうちのひとつをかけて首位・大阪桐蔭高に挑む。

 初戦の阪南大高戦を0-2で落とし、全国行きを掴むためには勝つしか後がなかった金光大阪高が圧倒的な破壊力を見せつけ、山梨行きに望みを繋げた。

「今日は勝つだけではダメ。(得点失点差を考えると)得点を積み重ねるというのが課題だった。1点を獲って喜んでいる場合ではない。喜ぶ30秒があれば、もう1点が獲れるのですぐリセットしなければならない」。岩松哲也監督が口にした強い意志は立ち上がりから金光大阪の選手たちに深く浸透していた。

 FW稲野陽介を頂点とし、後方にスピードのある寺田優作、新家碧が並んだ3トップをキックオフ直後から効果的に使い、大塚を押し込むと、6分には新家がPA手前で自ら奪ったFKを叩き込み、先制に成功。その後も攻撃の手を緩めず、23分にも右サイドをMF向田凌、眞口幸太と繋いだボールを寺田が決めて、リードを広げた。

 2点目を奪ってからは右MFの海堀良祐とボランチの藤江竜也を中心としたボール回しで反撃に出た大塚に押し込まれる場面が増え、29分には相手の突破を防いだこぼれ球を海堀に決められ、1点を与えてしまう。それでも、金光大阪は前半終了間際にゴール前で受けた寺田のポストプレーから、眞口がゴールを決め、2点リードで試合を折り返した。