[総体]選手層の厚さ増し、勝ち方思い出した京都橘が2点差逆転!近畿選手権初優勝!!

[総体]選手層の厚さ増し、勝ち方思い出した京都橘が2点差逆転!近畿選手権初優勝!!
[総体]選手層の厚さ増し、勝ち方思い出した京都橘が2点差逆転!近畿選手権初優勝!!

[6.23 近畿高校選手権決勝 立命館宇治高 2-4 京都橘高]

 第67回近畿高等学校サッカー選手権大会は23日に決勝戦が行なわれ、立命館宇治高に4-2で勝利した京都橘高が初優勝を飾った。

 近畿大会は2府4県から、全国高校総体予選大会の上位16チーム(内訳は大阪府から4チーム、兵庫県と京都府から3チーム、それ以外の各県から2チーム)が参加して行なわれる大会だ。決勝戦は奇しくも、2週間前に行なわれた京都府予選の決勝と同じカードとなった。

 先制したのはリベンジに燃える立命館宇治。30分、スルーパスに反応したFW石井太久麿(2年)が最終ラインの裏を突いてネットを揺らした。後半もボールを動かして相手ゴールに迫る立命館宇治は12分に右サイドの攻撃から、最後は交代出場のFW溝口高弘(2年)が豪快なシュートを叩き込んでリードを広げる。今大会は初戦でキャプテンのFW徳地広大(3年)が負傷離脱したが、代わって出場機会をつかんだ2年生FWの2人が決勝戦でも躍動。守備でもプレスがはまってピンチを最小限に抑えるなど、「2-0までは完璧な試合だった」(梁相弘監督)。

 だが、京都橘も黙ってはいない。3日で4試合という過密日程も影響した前半をDFハウザー・ケン(3年)は「チームとして足が動いていなかった」と振り返ったが、2失点したことで目が覚めた。15分、日本高校選抜FW中野克哉(3年)がまず1点を返すと、18分にはCKからのこぼれ球をDF清水遼太(3年)が押し込んで、あっという間に同点に追いつく。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年6月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。