[Fリーグ]すみだはパワープレーから決勝点を許し、Fデビュー戦は大阪に敗れる

[Fリーグ]すみだはパワープレーから決勝点を許し、Fデビュー戦は大阪に敗れる
[Fリーグ]すみだはパワープレーから決勝点を許し、Fデビュー戦は大阪に敗れる

[6.27 Fリーグ2014/15 第1節 すみだ1-2大阪 代々木]

 Fリーグは27日に2014-15シーズンの開幕を迎え、第3試合では今季Fリーグに昇格したフウガドールすみだと元日本代表FP木暮賢一郎を新監督に迎えたシュライカー大阪が対戦した。1-1で迎えた残り3分、大阪はパワープレーを仕掛けると、FP松宮充義がゴールを決めて再びリードする。この1点を守り抜き、大阪が2-1で勝利した。

 互いにアグレッシブに前からプレッシングを掛ける一戦で、最初の決定機は前半4分、すみだがFP曽根直人のパスからFP半田徹也がゴールを狙ったが、わずかに枠を逸れた。対する大阪も5分にFP村上哲哉のミドルシュートが右ポストを叩き、そのリバウンドを拾ったFP松宮充義のシュートはGK大黒章太郎に阻まれた。

 すみだは、前半6分にも最前線でボールを受けたFP金川武司が反転から鋭いシュートを放ったが、わずかに左へと逸れて行った。試合を動かしたのは大阪だった。9分にFP江口孝一がドリブルからシュート。GK大黒が弾いたボールを再度押し込み、1点をリードした。大阪は12分にも村上がミドルシュートでゴールを脅かしたが、GK大黒に阻まれている。

 相手陣内でファウルを受けるすみだだが、ゴール正面で受けた直接FKを、なかなか好機に広げられない。大阪は前半14分にもFPヴィニシウスからのパスを林が落とし、村上がゴールを狙ったが右に外れる。その後も流動的なパスワークを見せる大阪は、すみだゴールに迫ったが得点を挙げることはできない。大阪は同16分にも松宮が左サイドを縦に突破、折り返しを受けた江口がDFを外してシュートしたが、左に外れている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年6月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。