[MOM1112]東福岡MF赤木翼(3年)_熊本出身のアタッカーが誓う“恩返し”の日本一


[8.7 全国高校総体準決勝 東福岡高3-1青森山田高 韮崎中央公園芝生広場]

 東福岡高(福岡)の強力3トップの一角を担うMF赤木翼(3年)が2ゴールの活躍でチームを17年ぶりの決勝に導いた。

 1-0の前半24分、MF増山朝陽(3年)の右クロスに逆サイドから走り込み、右足で追加点。同33分にはFW木藤舜介(3年)とワンツーの形で左サイドから中央に切れ込み、左足でゴールに流し込んだ。

「相手は3バックでスペースが空くし、そこを狙っていた」。周囲とのコンビネーションで流動的に前線を動きながらスペースを突く。赤木の持ち味が発揮された2ゴールだった。

 大会通算8ゴールで得点ランキングトップを快走する木藤、馬力のある突破力でFWクリスティアーノ・ロナウドを彷彿とさせる増山、そして赤木。東福岡の誇る3トップだが、左ワイドの赤木と右ワイドの増山のプレースタイルは対照的だ。

 赤木自身、「自分にないものを(増山)朝陽は持っているし、朝陽にないものを僕も持っている」と話す。1対1の打開力は増山にかなわないが、「自分は仲間を使いながら、最後に自分が決めるつもりでやっている。朝陽ももっと仲間を使えば、自分がもっと生きるのにと思うことはある」と指摘する。

 個々が特長を出しながらチームとして機能し、準決勝までの5試合で22ゴールを量産してきた東福岡の攻撃陣。17年ぶりの日本一まであと1勝と迫ったが、赤木には絶対に負けられない理由がある。

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月7日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。