初タイトルも…再び味スタで悔しさを募らせた湘南MF永木「勝って優勝したかった」

初タイトルも…再び味スタで悔しさを募らせた湘南MF永木「勝って優勝したかった」
初タイトルも…再び味スタで悔しさを募らせた湘南MF永木「勝って優勝したかった」

[10.11 J2第36節 東京V 0-0 湘南 味スタ]

 クラブ史上初のJ2優勝が決まった瞬間も、湘南ベルマーレのほとんどの選手たちは喜ぶ素振りを見せなかった。0-0で終わった東京V戦を振り返り、MF永木亮太は「やっぱり勝って優勝したかったし、内容も良いか悪いかで言えば悪かった。自分たちらしさが90分間通して出せなかった」と、悔しがった。

 そして「試合が終わって、みんなの顔を見ると、満足していなかった選手がたくさんいたので。やっぱりうちの選手は、結果だけじゃなくてプロセス、内容を求めているチームだと、あらためて分かった」と言い、ようやく笑顔を見せた。

 今シーズン、開幕14連勝でJリーグ記録を更新した湘南は、リーグ前半の21試合で勝ち点60を挙げる圧倒的な強さを見せた。第3節の札幌戦で首位に浮上して以来、他を寄せ付けずに6試合を残して優勝を決めた。

 昨季終了後には、他クラブからオファーを受けた永木だが、J2で戦うチームに残った。その理由を「チョウさん(チョウ・キジェ監督)と1年でJ1に復帰させたいという想いがあった。そのために、少しでも力になれればなという気持ちで、このチームに残りました」と、説明した永木は、「3年間で2回昇格した監督の下で、自分が力になれたことは、すごく嬉しいですね」と、徐々に昇格の喜びを感じ取ったようだ。

 この日の試合が行われた味の素スタジアムは、昨年11月23日、湘南が

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年10月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュース

次に読みたい関連記事「V・ファーレン長崎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュース

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。