優勝の瞬間をピッチで迎えられず涙の湘南DF丸山「未熟者だった」

優勝の瞬間をピッチで迎えられず涙の湘南DF丸山「未熟者だった」
優勝の瞬間をピッチで迎えられず涙の湘南DF丸山「未熟者だった」

[10.11 J2第36節 東京V 0-0 湘南 味スタ]

 出場機会を求めて湘南ベルマーレに加入したDF丸山祐市は、ここまでJ2リーグ戦全35試合でフル出場してきた。しかし、湘南の優勝が決まった瞬間、ピッチに立っていることはできなかった。後半アディショナルタイム3分、相手選手の突破をファウルで止めた丸山は、この試合2枚目の警告を受けて、退場となってしまったからだ。

 試合後、ミックスゾーンで記者に囲まれた丸山は「退場した後だと、記者の方も多いですね」と冗談を飛ばして、「優勝の心境は…退場に対しての気持ちの整理というわけではなく、ゲームに対しての気持ちの整理ができていない」と前置きをしてから、心境を話し始めた。

「今日に限らず、ここまで36試合をとおして難しい試合がたくさんありましたが、チームとして『湘南スタイル』というものを続けられたこと。今日、ピッチに立った選手たちだけではなく、練習中から全選手が優勝に向かってやっていった結果が、こういうふうになっていると思います。それが優勝という結果になったことが、自分としてはとても嬉しいです」

 試合後にゴール裏のサポーター席へ行ったとき、涙も浮かべていた。退場したことについて、「整理できていなかった」と説明するが、ミックスゾーンに来るまでに気持ちを切り替えたという。「42試合のうちの一つで退場して、個人としては未熟者だったし、『全然、まだまだな選手だ』とあらためて再確認できました。もっと練習で、こういう局面とかを突きつめないといけない」と、リーグ戦で初となった退場を、今後の成長につなげることを誓った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年10月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュース

次に読みたい関連記事「清水エスパルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。