[選手権予選]J内定2選手擁する秀岳館、創立90周年飾る劇的初V!:熊本

[選手権予選]J内定2選手擁する秀岳館、創立90周年飾る劇的初V!:熊本
[選手権予選]J内定2選手擁する秀岳館、創立90周年飾る劇的初V!:熊本

[11.15 全国高校選手権熊本県予選決勝 東海大熊本星翔高 1-2(延長)秀岳館高 熊本市水前寺競技場]

 第93回全国高校サッカー選手権熊本県予選決勝が15日、熊本市水前寺競技場で行われ、ともに初優勝を懸けた東海大熊本星翔高秀岳館高が激突。1-1で突入した延長後半アディショナルタイムに1年生FW池元馨が決めた決勝点によって、秀岳館が2-1で勝ち、初優勝を飾った。

「きのう、90周年の記念式典という節目を迎えて、ある意味きょうがフィナーレだという迎え方をしてきたので、歴史の大きな節目の中で、我々の学園としてはドラマが完結したかなという感じがしますね。Jリーガーもふたりきのう誕生したし」。00年度の明徳義塾高(高知)の全国大会初出場に続いて、秀岳館を全国大会初出場へ導いた段原一詞監督は記念イヤーに掴み取ったタイトルに晴れやかな表情を浮かべていた。

 決勝前日の14日、秀岳館は創立90周年などを祝う式典の中でMF大岩亮太主将(3年)のザスパクサツ群馬入りと、CB笹原脩平(3年)のサガン鳥栖入りを発表。この“演出”によってより引き立てられた決勝だったが、彼らは最高の形でフィナーレを迎える。1-1で迎えた延長後半アディショナルタイム、左CKを得た秀岳館は大岩がサインプレーからMF淺川賢巳(2年)とワンツー。そしてクロスを入れると、笹原が頭で合わせたこぼれ球を池元が左足でゴールへ叩き込んだ。スタンドへ一直線へ走り出した池元が歓喜の跳躍。ドラマティックな幕切れで秀岳館が初優勝を果たした。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年11月16日のサッカー記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。