[選手権予選]目標は全国8強だった昨年越え、履正社が延長V!:大阪

[選手権予選]目標は全国8強だった昨年越え、履正社が延長V!:大阪
[選手権予選]目標は全国8強だった昨年越え、履正社が延長V!:大阪

[11.15 全国高校選手権大阪府予選決勝 履正社高 2-1(延長)阪南大高 キンチョウ]

 第93回全国高校サッカー選手権大阪府予選の決勝が15日、キンチョウスタジアムで行われ、履正社高が延長戦の末、2-1で阪南大高に勝利。2年連続2回目の選手権出場を決めた。

 2年連続の履正社か、初優勝の阪南大高か。激戦区、大阪の代表校が決まる瞬間を見届けようと5,000人の観衆が集まったこの日のキンチョウスタジアムでは、観衆の期待通りの熱戦が繰り広げられた。

 立ち上がりから、長尾悠平安田拡斗のCB2人にアンカーの多田将希が加わりながら、ピッチの幅を使ったボール回しで履正社が試合を支配。阪南大高が守備の綻びを見せた瞬間にサイドチェンジや相手DFの背後など長いパスを前線に入れて、FW林大地を頂点とした3トップのドリブルを引き出した。

 前半20分には後方からのクサビを受けたFW牧野寛太がダイレクトパスを右へ展開。フリーで受けた折り返しのパスを再び、右にはたくと今度は林。動き直しから相手DFの間を抜けた牧野に三度ボールが渡ると、落ち着いてゴール右にシュートを決めて履正社が試合を動かした。

 先制された阪南大高は「声は届かないので、選手交代する事で選手たちにメッセージを送った」(濱田豪監督)と前半のうちにMF鳥越大智、FW高橋佳という2枚の攻撃のカードを投入。反撃体勢に入ると、前半終了間際の40分にFW奥平翼

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2014年11月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。