[MOM1224]流通経済大柏FW福井崇志(3年)_全国への“全試合で決勝点”は「恩返し」

[MOM1224]流通経済大柏FW福井崇志(3年)_全国への“全試合で決勝点”は「恩返し」
[MOM1224]流通経済大柏FW福井崇志(3年)_全国への“全試合で決勝点”は「恩返し」

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.16 全国高校選手権千葉県予選決勝 流通経済大柏高 3-2 市立船橋高 オリプリ]

 流通経済大柏高が選手権出場の切符をつかむために戦った今予選は、準々決勝からの3試合。その全試合で決勝点を挙げ、脅威の決定力を見せつけたのがFW福井崇志(3年)だ。

 この日の決勝では、2点を追う前半35分、1人目の交代選手としてピッチに送り込まれた。「(DFの)裏がとれていなかったので、横から放り込もうと思った」。はたして、決勝点は本田裕一郎監督の狙いどおりのカタチで生まれる。

 2-2で迎えた後半35分、同じく途中出場のMF相澤祥太(3年)がDFとGKの間に速いボールを入れる。世代屈指のプレイヤーである市立船橋高のGK志村滉(3年)とDF藤井拓(3年)の間のスペースに通ったボールに、反応できたのは福井だけだった。右足で合わせたボールは、流経大柏を4年ぶりに選手権へと導く得点となった。

「どれだけ背後に抜けられるか」を狙っていたと言う福井。「(得点の前に)チャンスをものにできなかったので、次は決めてやると思っていた。狙いどおりでした」。

 この日もヒーローになった背番号「20」に対してのコメントを、記者から求められた指揮官は、「いっぱい迷惑かけてきたから、あれぐらいやってもらわなきゃダメだね(笑)」と愛情を込めて回答。福井は「いろいろ迷惑かけたので……。まだまだですけど、恩返しですね」と頭をかきながら笑みを浮かべて答えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
ゲキサカの記事をもっと見る 2014年11月16日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。