[MOM327]福岡大DF武内大(4年)_吐血も乗り切る遅咲きのファイター


[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.14 大学選手権2回戦 専修大1-2(延長)福岡大 味フィ西]

 名古屋グランパスに内定しているCB大武峻主将(4年=筑陽学園高)という大学屈指のDFと共に、今年の福岡大の守備を牽引するのがV・ファーレン長崎への入団が内定しているCB武内大(4年=国見高)だ。最後の局面で身体を投げ出す事をいとわないプレーと、最後まで諦めない姿勢は福岡大の伝統である泥臭い守備を最も体現していると言っても過言ではない。

 しかし、ここまでのサッカー人生は苦難の連続だった。国見高時代の3年間でまともにプレーした期間は合計し僅か半年しかない。プレーしては膝を負傷するという日々の繰り返し。一番の成長期である高校年代にほぼプレーが出来ず「(サッカーを辞めようと)何度も思いました」と本人は当時を振り返る。

 サッカーを続けようと思ったのは、支えてくれる家族、仲間がいたからだった。「地元が大分なんですが、長崎まで通わせてくれていると考えると辞められなかった」。そして「プロサッカー選手になる」という大きな夢。これを叶える為にもサッカーを辞める事など到底出来るわけがなかった。

 ただ、大学経由でプロになるとしても、高校生活のほとんどをプレーせずに過ごした武内に声を掛けてくれるところは皆無だった。そんな中、人脈をたどり何とか福岡大の練習に参加。結果として、しかし練習参加で再び膝を負傷。福岡大には進学出来たが、そのまま手術をすることになった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク