ハリル流意識改革に感化される岡崎「気持ちが伝わる」

ハリル流意識改革に感化される岡崎「気持ちが伝わる」
ハリル流意識改革に感化される岡崎「気持ちが伝わる」

 バヒド・ハリルホジッチ監督による意識改革は着実に進んでいる。報道陣に公開された前日練習ではフィールド選手が12人ずつ2組に分かれてミニゲームを行った。ハーフコートにゴールを4つ設置しての変則式だったが、タッチ数が制限される中、小気味いいパス交換からゴールを目指した。

 FW岡崎慎司(マインツ)は「狭い(スペースの)中でも少ないタッチ数の練習が多い」と、“ハリル流トレーニング”の特徴を口にしたうえで、「分かっていても、ああいう速いサッカーは難しい。根本から変えていかないといけない」と、その習得に苦労しながらも貪欲に取り組んでいる様子だ。

 日本代表はこれまでポゼッションを重視し、ボールを大事につなぎながら攻撃を組み立てるサッカーを志向してきた。しかし、ハリルホジッチ監督は1タッチ2タッチでのダイレクトプレーを使ったスピード感のある攻撃を目指しており、練習でもその意識付けがメインテーマとなっているようだ。

「自分たちはずっとポゼッション型でやってきたし、意識付けるにしても、そう簡単には意識できない。所属チームに帰ってからも意識してやることが大事だし、そのメッセージを監督側から伝えるというのがこの10日間のテーマだと思う」。岡崎は指揮官の意図をそうくみ取った。

 全体練習後はFW登録の7選手を集め、ハリルホジッチ監督が自らボールを出してシュート練習を行った。「気持ちが伝わるし、自分たちを変えようとしてくれている。自分たちも強くなりたいし、監督も強くしたい(と思っている)。簡単には身に付かないけど、そこにトライすることが大事」。要求の高さは期待の裏返しでもある。日本代表を強くしたいというハリルホジッチ監督の思いに感化されるように、岡崎は決意を強めていた。

(取材・文 西山紘平)

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2015年3月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。