杉本2G&大久保1G!!川崎Fが鳥栖との打ち合い制す

が反応するもペナルティーエリア内で浮いたボールを、FW杉本健勇の左足がダイレクトで捉える。杉本の2試合連続となるゴールで、ホームの川崎Fが先制した。

 シュートの数では上回る鳥栖。決定機がないまま先制を許したが迎えた36分、中央でボールを持ったMF金民友がスルーパス。左サイドに開いていた豊田が走り込みながら受けると、ワントラップから左足を一閃。シュートはGK新井章太のニアサイドを破り、試合は振り出しに戻った。

 同点とされた川崎Fは何度も敵陣深い位置までボールを運ぶものの、パスの精度を欠きシュートまでは持ち込めず。アディショナルタイムにはゴール正面の位置でFKを得たが、FWレナトのシュートはGK赤星の正面を突き、1-1のまま前半は終了した。

 後半に入り、最初のチャンスは鳥栖に訪れる。8分、DF吉田豊のクロスにニアサイドでMF藤田直之頭で合わせたが、GK新井章太が好守でこれをしのぐ。

 3-4-3に布陣を変更した川崎Fは、最前線に入っていたエースが決定的な仕事をする。後半17分、DF谷口彰悟のクロスを大久保がヘッド。GK赤星の左手と、ゴールポストに当たったシュートを再び大久保が押し込む。今季9点目が勝ち越しのゴールとなった。

 鳥栖ははじめてリードを許すと、MF崔誠根、鎌田、DFキム・ミンヒョクを立て続けに投入し攻勢をかける。すると36分、谷口彰がコントロールミスしたボールを高い位置で鳥栖が奪うと、中央の鎌田が金民友へスルーパス。金民友の折り返しがDFに当たり、オウンゴールでスコアは2-2となる。

 同点となった直後の38分、この試合5回目の得点シーンが生まれる。川崎Fが右サイドでFKを得ると、レナトのボールに杉本が頭で合わせる。3-2。川崎Fが3度目のリードを奪った。

 終盤に豊田、途中出場のFW船山貴之が決定機を迎えるも得点は動かず。4月25日の甲府戦(○3-0)以来となる3ゴールを奪った川崎Fが勝ち点を21に伸ばした。対する鳥栖はリーグ5試合ぶりの敗戦となった。

(取材・文 奥山典幸)
▼関連リンク
[J1]第1ステージ第13節 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年5月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 大島僚太」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 小林悠」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら