浦和DF森脇が感謝した那須の言葉「モリ、バッファローになるなよ」

[5.23 ファーストステージ第13節 浦和 2-1 鹿島 埼玉]

 オウンゴールで先制点を献上した。スコアレスで迎えた後半22分、MF柴崎岳が放り込んだロングボールに反応した浦和レッズDF森脇良太はヘディングでクリアを試みたが、ボールは無常にもゴールマウスに吸い込まれてしまった。

「僕自身はGK(西川周作)に返したつもりもないですし、コミュニケーション不足というわけではありません。ジネイ選手に体をぶつけてクリアしようと思いましたが、ああいうところにボールが飛んでしまったので…」。自身のオウンゴールで先制を許してしまう。当然森脇の心には、「絶対に取り返してやろう」という気持ちが芽生えた。しかし、ここでDF那須大亮から掛けられた言葉で冷静さを取り戻すことになる。

「何が何でも取り返してやろうと思ったときに、大ちゃん(那須)が『モリ、あんまりバッファローになり過ぎるな。お前の性格的に絶対に取り返してやろうという気持ちになるのは分かるけど、ここは落ち着いていこう』と声を掛けてくれたんです。それで落ち着くことができました」

 そして迎えた後半38分。中盤でボールを奪い取った森脇は前線へとドリブルで駆け上がる。左サイドからゴール前に走り込むMF関根貴大へ鮮やかなスルーパスを通すと、関根が豪快にゴールに叩き込んで決勝点が生まれた。

「自分がバッファローになっていたらエゴが出て、シュートまで行っていたかもしれません。そう考えると、大ちゃんの判断は的確でしたね」。決勝点をアシストした男は、自分のことを理解してくれているチームメイトへの感謝を示した。

(取材・文 折戸岳彦)▼関連リンク
[J1]第1ステージ第13節 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 柴崎岳 Instagram
  2. 柴崎岳 twitter
  3. 柴崎岳 ヘタフェ
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年5月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「柴崎岳 + 日本代表」のおすすめ記事

「柴崎岳 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「柴崎岳 + twitter」のおすすめ記事

「柴崎岳 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。