痛恨OGを悔やむF東京 DF森重「不甲斐ない」

[5.23 J1第1ステージ第13節 F東京0-1名古屋 味スタ]

 試合内容を振り返れば、FC東京の方が上回っていただろう。名古屋グランパスを押し込み続け、相手の倍以上となる11本のシュートを放った。しかし、ゴールが遠かった。逆に後半28分、GK楢崎正剛にクロスをキャッチされると、一気に前にボールを運ばれて、MF小屋松知哉にクロスを許す。クリアーしようとしたDF森重真人に当たったボールはゴールに転がり込み、これが決勝点となった。

 森重は「前半から良い戦いをチームはしていました。後半もチャンスをつくれていました。その中で相手の攻撃が後半に何本かだったと思うんですけど、そのうちの1本で失点してしまったので、個人的には申し訳ないなという気持ちがある。なかなか点が取れない中で、ああいう失点をしてしまうとチームとしても、どうしてもマイナスに行ってしまう。点を取れないにしても、0-0で終わらせないといけないなと、すごく感じています。自分自身、不甲斐ないと思います」と、うつむいた。

 この試合、左サイドのDF太田宏介から何本もクロスが上がっていた。しかし、フィニッシュの精度を欠き、完封された。「チャンス自体はクロスから何本かあった」と、森重も認め、「そこを決めるか、決めないかっていうところ。それもチーム全体で、もっとチャンスの数も増やさないといけないし、決めるところを決めることもチーム単位で考えないといけない」と、ノーゴールに終わった責任も口にした。

 それでも、やはりオウンゴールが悔しいようで、「失点のところは、自分ももっと、うまくボールに触れていれば、違ったかなと思います。DFをやっていれば、オウンゴールはあることだと思いますが、しっかり受け止めて、『まだまだなんだ』と自分に言い聞かせてやっていこうと思います。まだまだ試合はあるし、連戦中なので、もっとチームに貢献できるように、また明日からしっかり準備をしていきたいと思います」と、繰り返し反省した。

(取材・文 河合拓)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 名古屋グランパス 移籍
  2. 名古屋グランパス 風間八宏
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年5月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 風間八宏」のおすすめ記事をもっと見る

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事

「名古屋グランパス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュース

次に読みたい関連記事「柏レイソル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。