[練習試合]久保建英のゴールなど反発力も見せたU-15代表、韓国遠征中止も確かな成果手にする国内合宿に

[練習試合]久保建英のゴールなど反発力も見せたU-15代表、韓国遠征中止も確かな成果手にする国内合宿に
[練習試合]久保建英のゴールなど反発力も見せたU-15代表、韓国遠征中止も確かな成果手にする国内合宿に

 6月5日から8日にかけて、U-15日本代表が東京都と千葉県内での国内合宿を実施した。当初は韓国遠征が予定されていたが、MERS(中東呼吸器症候群)の同国での流行を受けて前日に予定変更。「韓国遠征は強化の過程で非常に重要な遠征と位置付けていた」(森山佳郎監督)だけにチームにとって小さからぬ痛手となったが、「万が一のことを思えば仕方ない」(同監督)のも確か。切り替えて国内での合宿に臨んだ。

 代わって急きょ7日に組まれたのは、柏レイソルU-18横浜F・マリノスユースとの練習試合。どちらも控え組とはいえ、ほとんどが中学生で構成されているU-15代表にとっては、明確に格上の相手である。「フィジカル的に上回る相手にどう“戦う”のか」(森山監督)がテーマの試合となった。

 非公開で行われた午前の柏U-18との試合では「思っていた以上」のプレーを選手たちが見せて相手を上回る内容で効率よく加点。FW山田寛人(C大阪U-18)、中村敬斗(三菱養和巣鴨ジュニアユース)が2得点ずつを挙げるなど、6-1での圧勝となった。

 ただ、午後の横浜FMユース戦は簡単にいかなかった。「横浜FMさんは柏戦の結果を選手に聞かせて戦意を煽ってくれた。おかげで本当に激しい試合を戦うことができた」と森山監督が言うように、立ち上がりから容赦なくフィジカルコンタクトを繰り返し、激しいプレッシャーをかけてくる相手にU-15代表の選手たちはミスを頻発。17分にビルドアップのミスからボールを奪われての速攻からFW

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 久保建英 U-20ワールドカップ
  2. 久保建英 バルセロナ
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年6月8日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事

「久保建英 + バルセロナ」のおすすめ記事をもっと見る

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事

「久保建英 + U-20ワールドカップ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュース

次に読みたい関連記事「中島翔哉」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。